FC2ブログ

ドライアイの治療薬「ジクアス点眼液」登場です。

世界初の作用機序「ムチン/水分分泌促進作用」を持つ
ドライアイの治療薬

「ジクアス点眼液3%」
が参天製薬株式会社より発売になりました。

なんと、ドライアイの治療薬の発売は
ヒアレイン点眼液発売以降15年ぶりのようですよ。

        
ジクアス

それに伴い、当院でも先日
参天製薬株式会社さんを講師に迎え
「ジクアス点眼液について」 「ドライアイについて」
勉強会を開催しました。

  縮小1  縮小2 縮小3 絵本

まず、ドライアイについてみていきましょう。

ドライアイは、現代病とも言われており、
約2000万人の患者様がいらっしゃるといわれております。
しかし、まだまだ未治療の患者様が多いのが現状のようです。

ドライアイにもいくつかのタイプがあります。

「涙液減少型」・・・・・・ 涙の量自体が減少する。
「蒸発亢進型」・・・・・・ 涙が分泌されるものの水分の蒸発が多い。
「BUT短縮型ドライアイ」・・ 目の不快感が強いにも関わらず
                ドライアイの診断基準ではドライアイと診断されない。
                (※BUT=涙液層破壊時間)
近年ではの新しいタイプの患者様も増加しているようです。
これは若年層にも比較的多くみられるタイプです。

の主な症状としては、
非常に目が乾きやすく、目の表面の傷は軽度にも関わらず
乾燥感などの自覚症状が非常に強いのが特徴です。

そこで、今回このような症状に有用といえる
ジクアス点眼液について見ていきましょう。

ジクアス点眼液の作用

これまで、ドライアイには、主にヒアルロン酸を点眼
することで目の傷を治りやすくしたり、
目の潤いを保ったりする治療を行っていました。

ジクアス点眼液は、これまであったお薬とは全く違った効果を
持っており
直接目の細胞に働きかけて、
涙の成分の分泌を促すお薬です。

これまでドライアイの治療を受けられていても、症状がなかなか
よくならなかった患者様
BUT短縮型ドライアイのような強い症状
をもたれている患者様には効果が期待できそうですよ


用法  点眼回数 1日6回

ジクアス点眼液が発売になったことからも
今後もよりよい治療薬を患者様に提供できるように
なるかと思います。
ご興味・ご質問のある方は院長・スタッフまで
お気軽にご相談下さいね。

なお、今回勉強会を開催してくださいました
参天製薬株式会社さんに、この場をお借りして
お礼申し上げます。
                 cat019_20100506184930.gif

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるひさ眼科

Author:まるひさ眼科
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード