FC2ブログ

緑内障について

花粉症シーズンも落ち着き、一気に春を感じる季節となりました。
さて、まるひさ眼科では今日もスキルアップの為の勉強会が行われました。
今回は緑内障ガイドライン改定点について勉強しました。
改定点は沢山ありましたが、今回は抜粋してお伝えします。
DSCN0439.png

①小児緑内障の診断について
  今までは発達緑内障という分類であったが、小児緑内障という分類が新たにできました。
②SLTの追記
  当院でもレーザー治療を行っております。施行された患者さんの眼圧が低下し、視野狭窄の
  進行を防ぐ手立てになっています。
③前視野緑内障の名称追記
  乳頭に気になる所見はあるが、視野検査などに異常ない人の事。
④OCT検査の緑内障診断の意義
  緑内障判断はハンフリー結果は勿論の事、OCT結果も需要な資料となる。当院でもOCTの検査
  により、視神経状態を確認しています。
《緑内障治療総論》
  ☆眼圧下降が1番である
  ☆緑内障の病型や病期に関わらず有効である
  ☆眼圧下降に際して眼圧値とその変動に対する注意が必要
《緑内障治療薬について》
  まずはプロスタグランジン剤が最も有効である
  眼圧を下げるB遮断薬も第1選択になり得る
※各目薬の注意点
  プロスタグランジン剤・・・充血、色素沈着
  B遮断薬      ・・・気管支収縮

患者さんお一人お一人に合った目薬を当院では処方しています。

緑内障に対する目薬やレーザー治療が進化しています。
まるひさ眼科も常に最先端の治療に携わる事により緑内障患者さんに不自由のない
生活を送っていただけると信じています。

ちょうちょ















コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるひさ眼科

Author:まるひさ眼科
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。