第68回日本臨床眼科学会

新年明けましておめでとうございます。

本年も院長・スタッフ一同、更なる向上を目指して、日々努力してまいります。
皆様どうぞよろしくお願い致します。

           illust2489_thumb.gif


第68回日本臨床眼科学会

早速ですが、昨年11月、神戸ポートピアホテルで行われた
「第68回日本臨床眼科学会」に参加してきました。

この学会のテーマはAcademismです。
Academism=学問研究において、純粋に真理を追究する態度。
臨床研究を行ってきた研究者の成果を発表する場に・・・
ということから、このテーマが選ばれました。

今回もテーマに沿った様々な講演があり、多くを学ぶことができました。
その中から、いくつかご紹介したいと思います。
                               illust3968_thumb.gif
最新の黄斑疾患治療

糖尿病の合併症の中に、糖尿病黄斑浮腫があります。

糖尿病黄斑浮腫とは、黄斑部がむくむ病気です。
網膜の毛細血管から、血液成分が漏れ出すことで浮腫を生じます。

黄斑浮腫は、最初は小さいものですが、
黄斑の中心部まで浮腫が及ぶと、著しい視力障害が生じます。

これまでは、ステロイドによる療法が有効とされてきましたが、
白内障の進行や眼圧上昇の副作用も指摘されてきました。

そこで、登場したのが、抗VEGF療法です。
                                      
抗VEGF剤には、新生血管の成長を抑える効果があり、
これを硝子体に注射する治療です。
臨床試験において、レーザーを照射して新生血管の発生を防ぐ方法よりも、
視力の改善が認められています。

         isya02.gif


未来の眼圧測定

緑内障の診断には、眼圧の測定が不可欠です。

眼圧計にはいくつか種類があります。

【非接触眼圧計】
器械にお顔を載せていただき、眼に向かって空気が発射される眼圧計です。
角膜のへこみ具合によって眼圧を測定します。

【ゴールドマン眼圧計】
細隙灯顕微鏡についている眼圧計です。
点眼した上で、医師が測定します。
角膜に色素をつけ、そこに眼圧計のチップを眼に当てて測定します。

現在の眼圧測定では、角膜を圧平することで評価しています。
       ryokunaisho_img_06.jpg

しかし、角膜の厚みによる影響を受けたり、時間や季節によっても異なったりと問題点もあります。

これらの問題を解決するために、
眼内レンズ付属型の眼圧測定装置が研究されています。
眼内レンズの支持部にセンサーを付属させたものです。

センサーの軽量化など、取り組むべき問題点もありますが、
  ・直接測定できること
  ・いつでもどこでも確認できること
  ・連続した測定が可能なこと
など、利点がたくさんあります。

この装置が現実になれば、ご自身で眼を撮影して、
画像解析により眼圧測定が可能になる…なんて日もくるかもしれません。
illust563_thumb.jpg

その他、
  ・CALLISTO eye(白内障手術における手術支援システム装置)
  ・アレルギー性結膜炎治療の最新知見
  ・眼鏡処方におけるオーバースキア技術
  ・カラーコンタクトレンズを学ぶ
  ・適切なレセプトの作成法 など
についても学んできました。
院内に掲示していますので、ご覧ください。

なお、平成27年1月30日(金)~31日(土)
日本眼科手術学会への参加のため、
休診させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。illust2114_thumb.gif


次回は、白内障についてお話しようと思います。



プロフィール

まるひさ眼科

Author:まるひさ眼科
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード